常設型フードドライブ

稲沢市社会福祉協議会では、食料を必要とする生活困窮者への食糧支援、各家庭の食品ロスの削減(SDGs)を目指すことを目的で、地元企業様との協働で「常設型のフードドライブ」の設置を進めています。食を通しての社会貢献にご協力をお願いします。

フードドライブとは

ご家庭で使い切れない、余ってしまっている未使用食品など「まだ食べられる食品」を持ち寄っていただき、支援が必要な方々にお届けする活動です。

持ち寄っていただいた食品の使い道

お寄せいただいた食品については、稲沢市社会福祉協議会が支援する生活困窮者世帯への支援に活用させていただきます。

お持ちいただきたい食品】

・常温で保存できるもの

・未利用、未開封のもの

・賞味期限が1ヵ月以上残っているもの

・商品説明が日本語で表記されているもの

※(食品例)

お米(白米・玄米・アルファ米、開封済み問わず)、缶詰、レトルト食品、インスタント食品、乾物、調味料(食用油、しょうゆ、砂糖など)、粉ミルク、離乳食、お菓子、飲料など

受付窓口

  • モスバーガー稲沢天池店

(所在地) 稲沢市天池光田町94―3 

(受付時間) 店舗の営業時間内

(URL)  https://www.mos.jp/shop/detail/?shop_cd=05221

  • モスバーガーアクロスプラザ店

(所在地) 稲沢市大塚南5丁目1―1  

(受付時間) 店舗の営業時間内

(URL) https://www.mos.jp/shop/detail/?shop_cd=04808

  • いこいの広場(アイコクアルファ)

(所在地) 稲沢市祖父江町本甲大溝75番地 

(受付時間) 月~土曜日の午前8:30~午後4:30

(URL)  https://www.aikoku.co.jp/corporate/ikoi/

常設型フードドライブの取り組みにご賛同され、受け入れ窓口の設置をご検討いただける企業・店舗様は、本会(電話0587-23-6713)へご相談ください。